2011年02月08日

DIYリフォームチャレンジ(クロス張替え-プロの視点2)

こんにちは、ブルーだよ。

プロの天井張り.jpgブルーは天井を張るのに1人では出来ないし、2m以上になるとクロスが重くて張れなかったよ。
プロはもっと長いクロスを1人で張るらしいよ。
プロに天井の張り方を聞いてもDIYの参考になるレベルではなかったよ。場数をこなして身体で覚え込むプロの領域だと感じたよ。

■カッターの使い方
重ねたクロスの切り方を教わったよ。カッターを使うには力加減が大事だそうだよ。弱いとクロスが切れないし、強いと下地まで切ってしまうんだ。下地を切ると1〜2年後にそこから剥がれることがあるんだって。そのため、プロは下地を切らないように、下敷きテープ(セーフティー・テープ)を入れてから切るらしいよ。

そして、重ねて切ったカッターがピッタリ合わないのは、カッターの刃の入れ方が左右に蛇行しているからだって。
カッターの刃はクロスに対して垂直に入れるらしいよ。カッターの頭が右側に倒れるとクロスが重なり気味になり、左側に倒れると開き気味になるんだって。
切るときに、カッターの頭が左右に倒れるので開いたり重なったりしてしまうんだね。

カッターは普通にホームセンターで売っているもので良いらしいよ。ただ、プロは一枚切ったら刃を折って新しくするとのことだよ。
あとは、コーキングを指で引き伸ばしたのが心配だったけど、プロも同じようにするらしいよ。ただし、プロは固く絞った雑巾で、コーキングする前に一度そこを拭くらしいよ、こうすると指でこすったときの滑りがよくなるんだって。指に付いたコーキング剤もその雑巾で拭き取るんだよ。
プロの視点.jpg
ブルーの施工したクロスをプロに見て貰ったよ。コーキング剤をもっとクロスの色に合わせると良いと言われたよ。
そして、「綺麗に張れている」とプロが褒めてくれたよ。その言葉でブルーは報われたんだ。
サンキュー・ブルー。



山梨県の街づくり広場
posted by ブラウン at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つ建設話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184739026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック