2014年05月22日

ブラジル ワールドカップの話題

こんにちはブラウンです。

今日はワールドカップの話題です。

今日、スタジアムや空港などの建設が終わらず、開催に間に合わないという記事を見ました。

スタジアムは一部屋根が間に合わないようです。

個人的には建設中の建物って大丈夫なのかと思います。

屋根から何か落ちてきたらとても危険な気がします。

それとグランドは大丈夫なのでしょうか、釘みたいなものが落ちてないかと心配になりますね。

何にせよ、何もなく素晴らしい大会になると良いですね。

今日は以上です。

山梨県の街づくり広場
posted by ブラウン at 18:52 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

暑くなってきましたね

こんにちは、ブラウンです。

つい最近、暑くなってきましたね。

5月なので当然なのかもしれませんね。

4月から新しい生活になった人も少しは慣れてきたでしょうか?

クールビスも始まり、いよいよ夏が近づいていますね。

丁度良い季節はあっという間に終わってしまいますね。

今日は以上です。
山梨県の街づくり広場
posted by ブラウン at 19:31 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

さくらんぼの話

こんにちは、ブラウンです。

今日は、さくらんぼの話です。

あと一ヶ月もすると、さくらんぼの季節がやってきますね。

さくらんぼも人間と同じように種類があります。

主に東洋系と西洋系です。

現在日本で普及しているさくらんぼは、西洋系のさくらんぼになります。

なぜ西洋系のさくらんぼが一般的なのでしょうか?

現在の日本のさくらんぼの歴史は、明治初期に北海道に植えられたのが始まりといわれています。

江戸時代に、清(中国)から東洋さくらんぼが来日したそうですが、生産するのが難しく西日本でわずかに生産されただけで普及しなかったようです。

日本のさくらんぼの歴史は意外と浅いのです。

明治維新のなかで普及した西洋文化と一つなのです。

私は有史以前からあるものだと思ってましたが違ったようですね。

信長や家康がさくらんぼを見たら驚くということです。

そう考えると、とても贅沢なフルーツです。

ちなみに世界では、さくらんぼは有史以前から存在していたもの言われています。

1世紀の古代ローマの文献にもさくらんぼの記述があるそうです。

昔からヨーロッパ、主にイギリス・フランス・ドイツでは食べられていたそうです。

ヨーロッパで本格的に生産が始まったのが16世紀だそうです。

果物一つとっても歴史を調べると面白いですよね。

美味しいさくらんぼを、江戸時代以前の人は一生味わうことが出来なかったと思うと、可哀想な気持ちになりますね。

現在がとても恵まれているという事ですかね。

さて、弊社が運営するネットショップで、さくらんぼの予約が始まりましたので、是非ご予約ください。

『南アルプスのめぐみ』


今日は以上です。
山梨県の街づくり広場
posted by ブラウン at 17:53 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする